467_サムネイル2

エンジンの回転数を表示するための「タコメーター」

標準で搭載されていることが多いが、原付やスクーターなど搭載されていない車両も中にはあります。

ここでは、後からタコメーターを増設する方法を紹介。
タコメーターの選び方や、工賃の相場についても詳しく解説していきます。

こんな方にオススメの記事

・タコメーターを増設したい

・タコメーターの選び方がわからない

・パルス信号ってなに?どうやって検知するの?


-スポンサードリンク-


どの車両でもタコメーターの後付けは可能

タコメーター

どのオートバイでも、タコメーターを増設することは可能です。

タコメーターを後付けする上で重要なのは「パルス信号」をどのように検知するか。

パルス信号とはエンジン回転数の電気信号で、これを元にタコメーターは回転数を表しています。

取り付け工賃の相場

電気式タコメーターの取り付けは配線加工が伴う作業ですので、工賃の相場は「5,000~10,000円」ほど。パルス信号の検知方法によって工賃は前後します。

気になる方は、一度見積もりをとってみましょう。


-スポンサードリンク-


タコメーターは2種類ある

機械式、電気式

タコメーターには、「機械式」「電気式」の2種類あります。まずはそれぞれの特徴を紹介。

電気式

現在主流のタコメーター。回転数の検知を電気信号で行っており、デジタル式とも呼ばれる。

現行車種に搭載されているタコメーターはこの電気式。汎用性が高く、ほとんどの車両に取り付けが可能なことから、後付けをするなら電気式を選ぶようにしましょう。

この記事では、電気式のタコメーターを中心に解説をしています。

機械式

回転数の検知をギアワイヤーで行っています。
バッテリーレス車など電気式が使用できない一部の車両で採用されています。


-スポンサードリンク-


タコメーターの選び方

タコメーター選び方

  1. 好みの「デザイン」、欲しい「機能」で探す
  2. 「機械式」「電気式」か確認する
  3. 「12V」「6V」か確認する
  4. 「4st」「2st」に対応しているか確認する

好きなデザイン、欲しい機能で探す

タコメーターを選ぶときは「デザイン」と「機能」を重点に置くと良いでしょう。

メーターは目立つ場所にあるだけでなく、目にもよく入ります。車体にあったデザインにすることで、ドレスアップの効果を十分に果たしてくれるでしょう。

またタコメーターにも付随機能が様々ありますので、欲しい機能を絞ることで候補が絞られ選びやすくなるはずです。

車体に適合しているか確認する

欲しいタコメーターが決まったら、それが車体に取り付けができるか確認していきます。

確認する項目は以下の通りです。

  • 「機械式」「電気式」どちらに対応しているか
  • 「12V」「6V」どちらに対応しているか
  • 「4st」「2st」どちらに対応しているか

「機械式」「電気式」の判別方法

ギアワイヤーが使われている

先に、機械式のタコメーターを使用してる車両はほとんどありません。

機械式の特徴は、標準でタコメーターが搭載されており、ギアワイヤーが取り付けられていること。

車体に「ギアワイヤー」が使用されていなければ、電気式での取り付けになります。似た部品でスピードメーターケーブルがありますので間違わないように気をつけましょう。

「12V」「6V」の判別方法

V数確認

一番楽に見分ける方法は「バッテリーを確認する」こと。バッテリーには必ず「対象V数」の記述があります。

とはいえ、現行車で6Vを採用している車両はありませんので、よほど古い年式でもない限り12Vであると思って大丈夫でしょう。

「4st」「2st」どちらに対応しているか

4st、2stではエンジンの構造が違うため、タコメーターの適合が変わります。現在は4stが主流なので、最低でも4stには対応しているものが大半ですが、中には両方対応しているものもあります。


-スポンサードリンク-


電気式タコメーターの取り付け方法

電気式タコメーターは、「パルス信号」をどのようにして検知するかで作業方法が異なります。

検知方法は大きくわけて以下の3種類。個別に解説していきます。

  • イグニッションコイルに接続(2st向け)
  • プラグコードに配線を巻きつける(4st向け)
  • 社外のCDIに接続する

イグニッションコイルに接続

イグニッションコイルに接続

イグニッションコイルに配線を取り付け、パルス信号を検知する方法。プラグコードからの信号検知が難しい2ストローク車向けの方法です。

イグニッションコイル_パルス

パルス信号を検知できるのは、イグニッションコイルの一時側。イグニッションコイルに付いている「平型端子」が目印です。

配線分岐の方法は色々ありますが、平型端子を間に挟み込む方法が簡単でしょう。

イグニッションコイル見つけ方

イグニッションコイルの場所がわからない場合は、プラグコードを辿っていけば見つけやすいはずです。

プラグコードに配線を巻きつける

配線を巻きつける

プラグコードに配線を巻きつけて、パルス信号を検知する方法です。配線加工の難度が低く、電気ノイズの少ない4st車向けの方法です。

やり方はとても簡単、プラグコードに数回パルス配線を巻きつけるだけ。

巻きつける回数、間隔は車両毎に違うためタコメーターの挙動を確認しながら行う必要があります。

手軽かつ安全に作業ができるため、オススメの検知方法です。

社外のCDIに接続する

社外CDI

CDIは、スクーターなどに採用されている点火装置です。

DAYTONAのような社外品の一部には、パルス信号用の配線が装着されているものがあります。(純正品にはありません)

CDIに繋ぐだけ

作業はとても簡単。パルス用の配線をタコメーターに装着するだけ。

CDIにパルス用配線が用意されていたら、確実かつ最も簡単に信号の検知ができます。


-スポンサードリンク-


うまくいかなったら他の方法も試してみよう

22256086_m

今回はタコメーターの後付け方法についてご紹介いたしました。

パルス信号の検知は、車体による個体差があります。上記の方法でうまく動作しなかった場合は、別の方法も試してみましょう。

ちなみに筆者は、全部試してみた結果”タコメーター自体がダメだった”という苦い思い出があります。

ぜひ諦めずにトライしてみてください。

感想・質問などはTwitter(@kyosuke400)にて受け付けておりますので気楽に連絡ください♪