1554_サムネイル
難易度 作業時間 予算
中級 60分〜 2000円〜

オートバイに「USBや電装品の取り付けを行いたい方」必見!

車体からの電源取り出しの作業をマスターすれば、各種電装品の取り付けも思うがまま。

こちらの記事では、メインキー連動での電源取り出しの方法について解説しています。

取り付けには専門知識が必要になりますので、しっかりと学んでから作業を行いましょう。

こんな方にオススメの記事

・USB電源を取り付けたい

・ACC電源の取り出し方を知りたい

・必要な道具、作業の注意点を知りたい


-スポンサードリンク-


電源の取り出しはACC電源(アクセサリー電源)から行おう

メインキー

電装品を取り付ける上で不安になるのが「バッテリー上がり

ですが電装品が原因の場合、それは間違った取り付け方法をしてしまっていることになります。

電装品取り付けの基本は、メインキーと連動している「ACC電源(アクセサリー電源)」から電源をとること。

まずは作業を始める前にACC電源について理解しておきましょう。

ACC電源とは?

ACC電源(アクセサリー電源)は、メインキーをONにした時に通電する電源のこと。

キーがOFFになっている状態では通電しませんので、バッテリー上りのリスクを回避することができます。

電装品の取り付けは、「ACC電源から電気を取る」ことが大原則。間違ってもバッテリーから直接電源を取ってはいけません。

ACC電源が通ってる配線の見分け方

ブレーキスイッチ

ACC電源の見分け方は非常にシンプル「キーをONにして使用できる電装品を探す

代表的なのはブレーキランプやメーター周り、キーをONにして点灯する場所を確認してみましょう。


-スポンサードリンク-


作業上の注意点

バッテリーのマイナス端子は外して作業をする

ー端子は外す

車体の電装品を取り扱うとき、「バッテリーのマイナス端子を外して」作業を行いましょう。

外しておくことで車両に流れている「ボディアース」を解除することができ、ショートが発生するリスクを無くすことができます。

作業に不安がある方は必ず行いましょう。

端子のカシメのやり方

カシメ方法

配線加工をする上で「端子のカシメ作業」は必要不可欠です。

やり方がわからない場合は、別記事にて詳しく説明していますのでご確認ください。


-スポンサードリンク-


使用する道具

USB充電器

使用するのは、「DAYTONA USB電源 2ポートタイプ」

DAYTONAさんのUSB電源シリーズは、簡単に取り付けができます。別記事にて紹介していますので、是非そちらをチェックしてみてください。

配線加工道具

何も持っていない方は「エーモン ターミナルセット(検電テスター付き)」を用意しましょう。

配線加工に必要な道具が一式入っており、入門セットとしてオススメです。

ここで紹介する作業は、全てセット内の道具で行えます。

使用する配線加工道具
電工ペンチ 検電ペン
ギボシ端子(オス&メス) ギボシ端子(ダブル)

検電ペン

通電を確認する道具です。電源を取る配線を見分けるために使用します。※上記で紹介した「ターミナルセット」に付属しています。


-スポンサードリンク-


作業手順

  1. 作業前の確認
  2. 電源をとる場所の確認
  3. 配線を分岐させる
  4. 余った配線などを整理する
  5. 動作テスト

作業前に確認すること

作業を始める前に、以下の3項目を確認をしましょう。

  • 電装品の点検
  • 取り付け位置の確認
  • 電子部品・配線の隠し場所

電装品の点検

点検する電装品
ヘッドライト ウインカー
テールランプ メーター
ホーン エンジン始動

車体の電装品が正常に動作・点灯するか、作業前に確認しておきましょう。

取り付け位置の確認

取り付け場所を決めておく

USBポートの取り付け位置を確認しましょう。ハンドル周りなどがオススメです。

電子部品・配線の隠し場所

電子部品収納場所

製品に付いている電子部品、余った配線を収納する場所を決めておきましょう。

タンク下やシートの中、外装の内側など、表からは見えにくい場所に収納することで見栄え良くなります。

電源をとる場所の確認

ACC電源(+)、アースポイント(ー)の取り出し場所をあらかじめ決めておきましょう。これから外す外装部品を最小限に抑えることができます。

「+」電源の確認方法

ACC確保

ACC電源の来ている配線に「検電ペンの先端を端子にあて、もう片方のクリップをアースポイントへ繋ぎます」
※アースポイントがわからない時は、「ー」電源の確認方法を参考にしてくさい。

キーをONにし、検電ペンに反応があったらACC電源の取り出しに使用できる配線です。

「ー」電源の確認方法

ー電源の確認方法

「検電ペンの先端を+電気(バッテリーの+など)にあて、クリップは車体のフレーム(ボディアース)につなぐ」
※バッテリーのマイナス端子に配線が取り付けられた状態で行いましょう。

その後キーをONにし「検電ペンに反応がでた場所」が、ー電源の取り出しに使用できるポイントです。

またバッテリーのマイナス端子を使用することも可能です。

配線を分岐させる

分岐配線

+電源を取る配線をに、USB用の枝分かれ配線を取り付けます。枝分かれする箇所は、作業のしやすい場所など好きなところで構いません。

配線の分岐方法

使用する部品は以下の通りです。
・ギボシ端子(ダブル)1セット
・ギボシ端子(オス)1セット

余裕を持たせてカットする

電源を取り出す配線をカットします。前後5センチ以上の余裕を持たせましょう。

余裕を持たせてカットする

車体側の配線に「ギボシ端子(ダブル)」を取り付けます。必ずスリーブを使用しましょう。

ギボシオスを取り付ける

反対側には「ギボシ端子(オス)」を取り付けます。

分岐用配線を取り付ける

コレで配線の分岐が完了です。長さが足らない場合は、延長用配線を使用しましょう。

配線分岐アイテムを使うのも手

ヒューズ電源

配線の分岐作業が難しそうなときは、配線分岐用の製品を使用するもの手です。

別記事にて詳しく解説していますので、ご検討してみてください。

電装品を取り付ける

端子を取り付ける

まずは電装品の配線を加工します。「+はギボシ端子(オス)、ーはクワガタ端子」を取り付けます。

配線を通わせる

USBポートを設置する場所から、電源を取る場所まで配線を通します。このときメインハーネスやフレームに沿わせるとキレイに仕上がります。

余った配線などを整理する

余った配線を

配線を通し終えたら、余分な配線やケーブルの途中にある電子部品をまとめて収納しましょう。

動作テスト

通電テスト

外した部品などを元に戻す前に、取り付けた電装品の動作テストをします。

同時に各種電装品が問題なく動作するかも確認しましょう。

問題なければ作業終了です。お疲れ様でした。


-スポンサードリンク-


覚えて損なし!マスターすればカスタムの幅が広がる

取り付け完了

今回はACC電源の取り出しを紹介させていただきました。

後付けする電装品は全てACC電源が前提ですので、やり方をマスターすることでカスタムの幅は大きく広がります。

是非、一度チャレンジしてみましょう。

感想・質問などはTwitter(@kyosuke400)にて受け付けておりますので気楽に連絡ください♪