1559_サムネイル
難易度 作業時間 予算
初級 30分〜 2,000円〜

「USB電源」は、今や必需品と言っても過言ではありません。

しかし取り付け作業には専門知識や技量が求められ、ハードルが高いのが難点でした。

ですがDAYTONAから出ている「USB電源シリーズ」は、初心者の方でも安心して取付作業が可能。

この記事では、実際にDAYTONAのUSB電源の取り付けを行い、施工手順や注意点の解説をしています。

こんな方にオススメの記事

・バイクにUSB電源を取り付けたい

・自分でUSB電源の取り付けにチャレンジしてみたい

・DAYTONAのUSB電源の取り付け方法を知りたい


-スポンサードリンク-


DAYTONAのUSB電源のココがスゴイ!

デイトナ電源シリーズ一覧

配線加工が不要で、簡単に取り付けができる

配線加工不要

USB電源の取付作業で、もっとも難しいのが「配線加工」

しかしDAYTONAのUSB電源シリーズでは、配線加工の必要が一切ありません。

付属されている「電源取り出し用のハーネス」を車体に取り付けるだけ。

メインキーと連動して動作しますので、バッテリー上がりの心配もありません。

ほとんどの車両が簡単取り付けに対応

ブレーキスイッチ

電源の供給は「フロントブレーキスイッチ」から。ほとんどの車両に採用されている部品ですので、どの車両でも簡単に取り付けが可能。

フロントブレーキスイッチの確認方法

ブレーキスイッチ_場所

取り付け位置は、フロントブレーキを下から覗いたときに見える小さな部品。

ブレーキスイッチ_確認

「平型の端子」で、配線が2本取り付けされているブレーキスイッチであれば使用可能です。

現行の国産車であれば、ほぼ全車両に採用されています。

豊富なラインナップ

デイトナ電源シリーズ

USB電源シリーズは様々なラインナップがあります。

今回の取り付け方法は、どの商品でも共通です。自分の使用シーンに合わせて選びましょう。


-スポンサードリンク-


取り付けに必要なもの

検電ペン

「電源取り出しができる配線」を特定するのに必要です。

使用方法は、下記の「+」電源の確認方法にて紹介しています。


-スポンサードリンク-


取り付け作業手順

ー端子は外す

作業に不安がある方は「バッテリーの端子から配線を外しておきましょう

ショートなどのリスクを抑え、安全を確保して作業することができます。

取り付け場所を決める

取り付け場所を決めておく

まずはUSBポートの取り付け位置を決めておきましょう。

事前に決めておくことで、後に行う配線の取り回し作業をスムーズに行えます。

電源の取り出し位置を確認する

「+」電源の確認方法

+電源の確認方法

ブレーキスイッチの配線に「検電ペンの先端をあて、もう片方のクリップをアースポイントへ繋ぎます
※アースポイントがわからない時は、「ー」電源の確認方法を参考にしてくさい。

その後、キーをONにし「検電ペンに反応がでた側」が+電源の取り出しに使用できる端子です。

「ー」電源の確認方法

ー電源の確認方法

クリップを+電気(バッテリーの+など)につなぎ、ペンの先端を車体のフレーム(ボディアース)にあてます
※バッテリーのマイナス端子に配線が取り付けられた状態で行いましょう。

その後、キーをONにし「検電ペンに反応がでた場所」が、ー電源の取り出しに使用できるポイントです。

また、バッテリーのマイナス端子をアースポイントに使用することも可能です。

配線の隠し場所を決める

電子部品収納場所

USB製品には大きな電子部品パーツ、余った配線が必ず存在します。

コレらが剥き出しであると見栄えが非常に悪いため、収納することをオススメします。

代表的な例だと、タンク下やヘッドライトケース内などがあります。

収納場所をあらかじめ決めておくことで、後の配線の取り回しをスムーズに行うことができます。

電源の取り出し&配線を通わせる

配線を通わせる

ここから本体を車体に取り付けて行きます。

確認した取り回しで、車体に配線を通わせていきましょう。

配線は、メインハーネスのような太い配線に沿わせるといいでしょう。

「+」電源の取り出し

電源取り出しハーネス

DAYTONA付属の「電源取り出し用ハーネス」を使用します。

分岐用配線を取り付ける

「+」電源の確認方法で確認した電源を取る方の配線に、電源取り出し用ハーネスを割こませます。

端子を元に戻す

あとは端子を全てブレーキスイッチに戻せば、+電源の取り出しが完了です。検電ペンを使用して電気が来ているか再確認してみましょう。

「ー」電源の取り出し

アースポイント取り付け

片側が「クワガタ端子」になっている配線を使用します。

クワガタ端子を、アースポイントに取り付けましょう。

余った配線は収納する

余った配線を

余った配線は、まとめる等して収納しましょう。

戻す前に通電テストを行う

通電テスト

外した部品などを元に戻す前に「通電テスト」を行いましょう。

USBはもちろん、ブレーキを握ってブレーキランプが点灯するかも確認します。

干渉がないか確認する

ハンドルロック

ハンドルを左右に切った時、配線が引っ張られてないか確認します。

次に、配線が外装部品の取り付けの妨げになってないか確認します。タンクの取り付けの邪魔になっていないか、外装部品は浮いたりしていませんか。

問題がなければ作業終了です。お疲れ様でした。


-スポンサードリンク-


DAYTONA製品はスバラシイ!

取り付け完了

今回はDAYTONA製のUSB電源の取り付けを行ってみました。

先述の通り、最も難しいのは電源の取り出し方法。

それを誰でも簡単に、実現可能にしたのは流石としか言いようがありません。

この記事では付属のハーネスを使用しての電源取り出しの解説でしたが、他の配線から取り出し方法も別記事にて紹介しています。

こちらでは「ACC電源(アクセサリー電源)」の取り出し方法の解説をしています。

USBだけではなく、色んな電装品の取り付けに役立つと思いますので、ぜひご覧にください。

感想・質問などはTwitter(@kyosuke400)にて受け付けておりますので気楽に連絡ください♪