1267_サムネイル
難易度 作業時間 予算
初級 30分〜 2000円〜

エアフィルターは、エンジンに空気を取り込む際にゴミの混入を防ぐ役割があります。
しかし月日が経つにつれエアフィルターは目詰まりを起こし、取り込める空気の量が少なくなってしまいます。これがエアクリーナーが消耗品であり、定期的な交換が必要な理由です。

ですが中にはエアクリーナーがすでに廃盤になってしまい、新品を用意することができない車種も存在します。ではその車両は交換を諦めるしかないのか?

いいえ。世の中には便利なもので溢れています。
今回は純正のエアクリーナーの代わりに使用できる汎用品、「ターボフィルターシート」の紹介です。

加工次第ではどの車両にも使用できて、エンジン出力の向上も見込める優良品です。

こんな方にオススメの記事

・ターボフィルターシートの使い方、加工例をみたい

・純正のエアクリーナーが廃盤になってしまった

・お手軽にエンジンの出力をあげてみたい


-スポンサードリンク-


ターボフィルターシートとは?

自由な形にカットして使用ができる

ターボフィルター_カット

シート状のターボフィルターは、ハサミなどで好きな形にカットして使用することができます。
アイデア次第で様々なエアクリーナーにすることができます。

純正エアクリーナーの代わりに使用できる

ターボフィルター_純正比較

純正のエアクリーナーの代わりとして使用することも可能です。廃盤になっていたり、価格を抑えたいときに活用したいです。

エンジンの出力アップが見込める

純正のエアフィルターに比べ空気の取り込む量が増加します。
これによりパワーフィルターに似た効果があり、エンジン出力の増加も見込めます。

セッティングが必要な場合もある

ターボフィルター_メインジェット

空気の量が増えるということは、その分より多くの燃料(ガソリン)が必要になります。

FI車(インジェクション車)は、コンピューターが自動で計算してくれてセッティングは不要です。
しかし、キャブレター車の場合はセッティングが必要な場合があります。多くの場合メインジェットの#5アップで対応が可能ですが、下記の「セッティング例」を参考にセッティングしましょう。

セッティング例

ターボフィルター_セッティング

洗浄して再利用可能

純正エアクリーナーは洗浄して再利用することはできません。

しかしターボフィルターシートは、中性洗剤で洗浄することで再利用が可能です(劣化していたら要交換)。コストパフォーマンスにも優れています。


-スポンサードリンク-


ターボフィルターシートの種類

ターボフィルターの種類

デイトナから出ているターボフィルターシートは、目の細かさが異なる3種類のラインナップがあります。

標準 基準となる荒さ。今回はこちらを使用
荒目 より目が荒いもの。空気の量をもっと増やしたいときに有効
極細目 より細かい目のもの。純正のリペアとして使いたいときに有効
デイトナ ターボフィルターシート 250mm×200mm 標準タイプ 97348

デイトナ ターボフィルターシート 250mm×200mm 標準タイプ 97348

1,430円(05/28 10:02時点)
Amazonの情報を掲載しています
デイトナ ターボフィルターシート 250x200mm 粗目タイプ 97352

デイトナ ターボフィルターシート 250x200mm 粗目タイプ 97352

1,430円(05/28 10:02時点)
Amazonの情報を掲載しています
デイトナ ターボフィルターシート 250x200mm 極細目タイプ 98697

デイトナ ターボフィルターシート 250x200mm 極細目タイプ 98697

1,430円(05/28 10:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

-スポンサードリンク-


ターボフィルターシートの使い方

使い方は至って簡単。今回は純正エアクリーナーの代用品としての使い方を紹介いたします。

エアクリーナーまでアクセスする

ターボフィルター_アクセスする

まずは、現在ついているエアクリーナーを取り外しましょう。
アクセス方法は車体により異なりますので適宜確認してください。

純正のエアクリーナーの形状にカットする

ターボフィルター_型取り

純正のエアクリーナーを取り外したら、それを参考に必要な大きさにカットします。

今回は純正品で型と取って切り取りました。

ターボフィルターの”向き”に注意!

ターボフィルター_向き

ターボフィルターには”向き”があります。
目の細かい「黒い方は外側」、目の粗い「黄色い方はエンジン側(キャブ側)」になるようにしましょう。

今回のような”左右非対称のエアフィルター”は確認しましょう。

純正品と交換する

ターボフィルター_交換する

加工ができたら取り付けをして作業完了です。

必要に応じてセッティングをする

ターボフィルター_メインジェット

車両によっては、キャブレターのメインジェットの番手をあげる必要があります。
セッティングの目安は上記の「セッティング例」か取扱説明書を参考にしてください。

FI車(フューエルインジェクション車)はセッティング不要です。

(l)メインジェットの交換方法

今回行ったセッティング

グランドアクシスの場合、「プラグの焼け方次第で#5番手アップ」が必要です。(説明書より)

ターボフィルター_焼け色

私は焼き付くのが嫌なので、プラグは確認せず#5番手あげました。
上記の写真は番手上げたあとのプラグの状態です。これでも少し薄めっぽいですが、良い焼き色です。


-スポンサードリンク-


交換してみて効果はあったのか?

デイトナのターボフィルターの紹介でした。

今回はグランドアクシスの出力アップのために行ってみました。
結果、ウエイトローラーをより軽いもので対応できるようになったので、出足の加速を良くすることができました。

そして、他の所有バイクのエアクリーナーがタイミング良く(?)廃盤になってしまいましたので、今回余った端材をそちらの加工に回しました。
そちらは動画にてご紹介していますので、よろしければ見てやってください。

感想・質問などはTwitter(@kyosuke400)にて受け付けておりますので気楽に連絡ください♪

デイトナ ターボフィルターシート 250mm×200mm 標準タイプ 97348

デイトナ ターボフィルターシート 250mm×200mm 標準タイプ 97348

1,430円(05/28 10:02時点)
Amazonの情報を掲載しています