注目キーワード
  1. USB電源
  2. 駆動系
  3. メンテナンス

自分でできるカスタムシート!表皮の張り替え方法や、必要な道具をご紹介

難易度 作業時間 予算
中級 1時間〜1日 1000円〜5000円

今回ご紹介するのは「シートカスタム
シートの表皮を張り替えて、デザインを変更。車体全体の雰囲気をガラッと変えてみたいと思います。

必要な道具や施工手順は、この記事にて紹介しています。
初心者の方や全体の流れをみたい方は、是非ともご覧になってください。

また、動画でも紹介させていただいておりますので、合わせてよろしくお願いいたします。

こんな方にオススメの記事

・シートの表皮を張り替えたい方

・カスタムシートを考えている方

・シート張り替えのやり方を知りたい方

- Sponsored Link -

シートの張り替えするのはどんな時?

  • 表皮が破れていたり、傷んでいる
  • デザインを変更してドレスアップする
  • シートの高さ、形状を変更する
  • ゲルザブ等の疲労軽減グッズを埋め込む

シート張り替えはほとんどの場合、表皮が破れたり痛んだことをキッカケに行われます。
他にも「ゲルザブ」などを埋め込むことで、長距離運転の疲労軽減対策を行うこともできます。

そして表皮の色やデザインを変更することで、車体のドレスアップができる側面もあります。
今回行う張り替えは、まさしくドレスアップを目的に行っています。

- Sponsored Link -

張り替えに必要な費用・日数は?

予算 施工期間
DIY 1,000~5,000円 1日~
業者 8,000~30,000円 1ヶ月ほど

DIYで施工するメリット

DIYのメリットはなんと言っても「低価格&短期間」で施工ができること。
しかし仕上がりは全て自己責任となりますので、かける金額と仕上がりのバランスが重要になります。

施工手順や、必要な道具は下記にてご紹介しております。

業者に依頼するメリット

シートの仕上がりを重視する方は、業者に施工を依頼することをオススメします。
DIYでは再現の難しい、ツートン加工などのカスタムシートを高クオリティで実現ができます。

しかし、費用や施工期間が多く必要になります。気になる方は、一度お見積もりをとってみましょう。

オススメのシート加工メーカー「丸直」

まるなお

業者でオススメなのは「株式会社 丸直」
バイクのシート加工を専門に行っているカスタムシートの老舗。

数多くの実績があり、さまざまなカスタムシートに対応。
過去の加工例や、表皮のサンプルなどが公式HP(外部リンク)で閲覧できます。

- Sponsored Link -

張り替えに必要なもの

  1. 表皮
  2. タッカー
  3. ステープルリムーバー(針抜き)

表皮

バイクのシートは、日光や雨などにさらされるため「アウトドア向けの表皮」を用意しましょう。
間違った表皮を使用すると、水が染み込んでしまったり思わぬトラブルを招いてしまいます。

表皮専門店「表皮.jp」がオススメ

bike_cm600

今回使用する表皮は「表皮.jp」にて販売されているアウトドア向け表皮。
対天候性に優れ経年劣化に強く、伸縮性も高く複雑な形状のシートにも施工がしやすいのが特徴。バイクのシートに最適な表皮でオススメできます。

タッカー

SUN UP 2ウェイメタルタッカー強力型 STP-1214

SUN UP 2ウェイメタルタッカー強力型 STP-1214

1,482円(02/01 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

表皮の固定に使用する巨大なホッチキス。
Amazonなどで販売されている1000円ほどのもので十分です。

マックス(MAX) ステープル T3-6M

マックス(MAX) ステープル T3-6M

142円(02/01 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

使用するステープル(針)は、長さ6mmと10mmを用意しました。
場所により貫通したり埋め込みが甘くなるので、2種類くらい用意しておきましょう。

ステープルリムーバー(針抜き)

SK11 ステープルリムーバー ホチキスの針外し SSR-175

SK11 ステープルリムーバー ホチキスの針外し SSR-175

560円(02/01 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

作業中は何度も針を抜き差ししますので、作業時間や手間を大幅に軽減できます。

- Sponsored Link -

実践!シート張り替え

古い表皮

  1. 古い表皮を剥がす
  2. 新しい表皮を仮止めする
  3. シートのシワを伸ばす
  4. 表皮を本固定する

古い表皮を剥がす

表皮を剥がす

まずは古い表皮を外します。

表皮固定されている

表皮はシートの裏で固定されており、針を抜くことで簡単に剥がすことができます。

古い針は残さず撤去

古い針は取り除く

針が錆びてシートに残った場合、新しい針を打ち込む際に邪魔になります。できる限り取り除きましょう。

あんこを固定する

あんこを固定する

シートの台座とあんこが離れている場合は接着し固定しましょう。
あんこが動く状態だと施工が思う様にいかないことがあります。

- Sponsored Link -

新しい表皮を仮止めする

表皮をカットする

新しい表皮をシートのサイズに合わせてカットします。

起点となる

シートの前方か後方部分にタッカーを打ち込む、大体の場所決めをします。

表皮仮固定
他部分にもタッカーを打ち込み、全体の場所決めをします。

スプレーのりで密着性UP

スプレーのり

表皮とあんこの間に「スプレーのり」を使用することで、密着性をあげることができます。
また、作業中に表皮がズレにくくなるので、施工性も向上にも期待ができます。

しかし粘着力はそこまで強いわけではないので、必須ではありません。

3M スコッチ スプレーのり 55 430ml S/N 55

3M スコッチ スプレーのり 55 430ml S/N 55

1,780円(02/01 12:28時点)
Amazonの情報を掲載しています
- Sponsored Link -

表皮のシワを伸ばす

表皮のシワを伸ばす

ここからが本番です。
仮止めした段階ではこの様にたくさんのシワがあり、表皮が浮いて台座にも密着していません。

シワを伸ばす

[シワの伸ばし方]
仮止めした針を抜き、表皮を引っ張って伸ばす。その後仮止めをする。
この作業を納得の行くまで繰り返します。

表皮を本固定する

張り替え裏側

表皮を張り終えたら、タッカーで本固定して終了です。
引っ張られた表皮がずれない様に、全周しっかりと固定しましょう。

張り替え完了


-スポンサードリンク-


張り替え後のシートを取り付けてみた

アクロス_シート赤3

今回は、シートの張り替え方法を紹介させていただきました。
必要なものが少なく施工時間も短めなので、とっつきやすいカスタムだと感じました。

車体色とも非常にマッチしていて、今回のカスタムはとてもいい結果になりました。
これでまた「ウォルターウルフ」に近づきましたね。

シートカスタム、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

- Sponsored Link -
シート張り替え_サムネイル
最新情報をチェックしよう!
>バイクいじりの知識をお届けします

バイクいじりの知識をお届けします

メンテナンス、カスタム、役に立つ知識を発信しています。このサイトを通じて、一人でも多くの方がバイクいじりを楽しいと感じていただけたら嬉しいです。YouTubeでは知識に特化した「1分解説動画」を投稿しています。

CTR IMG